医師との結婚はタイミングが重要!?

看護師の求人お役立ち情報~北海道編~

看護師が北海道で理想の求人情報を探すポイント

北海道の看護師求人トップ > 医師との婚活成功術! > 医師との結婚はタイミングが重要!?

サイトマップ


ここでは、医師との結婚をする上で重要なタイミングについて紹介していきます。

【医師に結婚を切りだすタイミングは】

結婚式のイメージ医師とお付き合いをしていたら、当然結婚も考えることでしょう。
では、実際いつ結婚を切りだしたらいいか、というタイミングに悩んでしまうものです。結婚できるなら今すぐにでも、と思う人が多いでしょうが、もしも断られてしまったら元も子もありません。

一般男性の場合、女性が喜ぶなら、そろそろ結婚しようか、と思う人もいるでしょうが、医師は意外とプライドが高い人が多く、自分が納得しなければ結婚せずに別れるという人も多いようです。

じゃあ、相手が結婚を切りだすまで待っていては自分の年齢も上がっていき、万が一、別れてしまったらどうしよう、と思うでしょう。そのため、ポイントとしては相手が結婚を考えるように、仕向けていくことです。

とはいっても、医師といっても一人ひとり性格がちがいますから、100%正しいタイミングはありません。ただ、医師の性格、好みの傾向をわかっていて損はないでしょう。

お見合い帯

【医師の結婚相手に求める理想像】

ピンクの模様家庭的で家で夫の帰りを待っていてもらいたい
医師は給与が高いので、妻は働かなくても生活をしていけます。むしろ医師は「俺が食べさせているんだ」という昔の親父的な人が多いです。そのため、女性には家事・育児をしっかりしてくれる女性を好みます。(ほとんどの男性もそうですが、妥協しているそうです)
仕事の帯
ピンクの模様つつましやかで、がっつかない女性
「医師」という肩書きだけで言い寄ってくる女性は多いです。そのため、お金目当て、玉の輿と思われてはいけません。あくまで人柄を気に入っている、お金も要らない、というアピールも必要でしょう。お金持ちの人は意外と節約家が多く、不要なものにはお金は使わない傾向があります。自分も節約家に務めることです。
仕事の帯
ピンクの模様病院の後継ぎなら、それも受け入れる覚悟をアピール
将来、親が経営している病院の後継になる予定の医師もいます。そうなると、厳しいとされる病院の家庭に入る事になります。現代の女性のように「同居は嫌」といってはいけません。さりげなくこちらから「同居するつもり」ということをアピールしておきましょう。
お見合い帯

【医師が結婚を考えるタイミングは?】

前述のように、がっつく女性は敬遠されがちです。そのため、こちらから結婚を切りだすのではなく、相手が結婚をしたくなるタイミングを作り出すことです。
理想とすれば、学生や研修医のうちに結婚するのがベストではあるのですが、実際、そのころは勉強と仕事に打ち込む時期でもあります。そんな時に結婚なんて考えられないでしょう。そのため、その時には、自分がストレスのはけ口になったり、とにかく仲良くしておくことが大切でしょう。そうしているうちに次第に、『好きな人』から『守らなければいけない人』『一緒にいることが普通』と思われるようになります。
そして、仕事が慣れてきた頃がベストのタイミングです。仕事も慣れてくるにしたがって仕事量も増え、残業が増えてきます。それでも何も言わず、同棲しているのであれば、しっかり夕飯を作って待っている、寝ずに待っている、というようなことがあると、感謝の気持ちが生まれ、一生一緒にいたいと思ってくる事でしょう。そのタイミングで、口に出して「結婚しよう」、とは言わないまでも、「いつまでもついていきます」的なアピールは必要でしょう。
お見合い帯